にほんご教室「世界はテマン」

■団体について 
名称

 にほんご教室「世界はテマン」

*最初の学友(学習者)がインドネシア出身のアリフ君で、同国語で teman(テマン)=「友人・友達」という意味から命名。

設立時期  1996 年2月(開講は7月)
所在地  事務所等はありません。活動拠点は八幡市立男山公民館と志水公民館の2つ。
連絡先

 記載なし

会員数

 19 名(男性6名、女性 13 名)すべて支援者。

年会費

 入会金として 1,000 円を徴収。年会費・月会費はない

会報の発行

 2年に1回、日帰りバス旅行や諸催事の写真、学友の作文・短冊、帰国者からの便りなどを掲載した『テマン文集』(A4 横版、70 ページ、部数 100)を発行し、賛助団体・企業、自治体の関係部署、帰国者、学友などに配布。

事業形態

 市の委託事業ではなく、民間のボランティアで、賛助団体・企業、個人からの賛助金と学友、スタッフ(支援者)の入会金などで運営。

活動方針

 国籍・年齢・性別・宗教等は問わず、日本の社会で楽しく。自立した生活を送ってもらえるよう支援し、「地球人」としての自覚を深めていく。

関係機関

 記載なし

■支援者について
必要な資格  特に資格は求めていないが、日本語教育に理解と情熱のある方ならOK。
支援者数  19 名(男性6名、女性13名)
活動補償  事務局が認めた研修会や会議等への参加交通費は実費を支給、ボランティア保険は加入者が負担。
■学習者について
受入範囲  仕事をしている人や主婦が中心だが、子どもが来れば対応している。
募集方法  市役所(市民課)、社会福祉協議会、URの募集センター、公民館とコミュニティセンター(7ヵ所)、外国料理店、外国人採用企業などに設置している「募集チラシ」や Rings のHP を見て申込むケースが多い。また、市の商工課から、外国人を採用している企業に紹介してもらっている。
受講費用  「入会金」として 1,000 円を徴収。以降は無料。年会費や月会費等はない。
年間受講者数  現在の在籍者数 28 名。(年間延人数は集計していません)
出身国  インドネシア 11 名・カンボジア5名・中国4名・フィリピン3名・ベトナム2名・パキスタン2名・オーストラリア1名
学習目的  記載なし
属性  実習生:23 名、日本人の配偶者1名、主婦2名、有職者2名
■教室について
開設場所数  2つの公民館で3教室を開催(支援者は教室別、学習者の一部は2つの教室に参加)。
開催曜日  火曜・昼(14:00 ~ 16:00)  火曜・夜(19:00 ~ 20:30)=男山公民館
 木曜・夜(19:30 ~ 21:30)=志水公民館
平均人数  基本的にはマンツーマンで対応。
1回の時間  90 分~ 120 分
会場外の教室  なし
出張教室  なし
■その他
教室の特長  教室ごとに学習者の職業が違う。  実習生が中心で検定受験者が多い(教室が職場からも近い。木曜・夜) 主婦が多い(昼教室) 一般の有職者(火曜・夜)
課題  記載なし
特記事項  運営:月に一度、代表・副代表・事務局長・会計で各種の報告や今後の予定などを話し合い、結果を全支援者にメールで報告している。