月 日 あ ゆ み
12月の終盤 

会員名簿を作成

 正会員(教室・団体)19、

 個人会員12名、

 ML(メーリングリスト)登録者数49名 

12月8日

第41回(2013年度 第3回)定例会 開催

 15団体・18名、個人会員6名が出席

 (うち亀岡日本語教室と南丹市国際交流協会の2団体は新規加入)

 ・「第2回“学びあい”わいわいセッション」の振り返り、

 ・防災意識アンケート結果から見えてきたこと

 ・新規加入2団体の紹介

 ・北部・中部で実施した研修会(国際センター主催)報告

 ・各会員の近況報告、 ほか
定例会終了後,facebook講習会,昼食会

12月2日

このネットワークの発起人で、組織名〝Rings〟の命名者、新見さんが退会

11月10日

「第2回“学びあい”わいわいセッション」開催

 Ringsメンバーおよび府内未加入の教室の支援者が集まり情報交換を行なう交流研修会

 この日「屋台」(出展ブース)を展開した教室は、

 「世界はテマン」

 「にほんご空間・京都」

 「京田辺国際ふれあいネット」

 「スピークサロン」

11月8日

台風30号がフィリピンに上陸し甚大な被害をもたらす

京都府内の団体も被災者援助のための募金活動等を各所で実施

9月下旬

ホームページの表紙がリニューアル

 (各教室の近況を掲載)

9月16日

台風18号が日本列島を直撃。

豪雨で京都は福知山や伏見、嵐山など多くの地域で浸水被害が出た

9月8日

第40回(2013年度 第2回)定例会 開催
 18団体22名、個人会員8名 出席
 ・経過報告、事務連絡。
 ・外国とつながる児童・生徒の就学実態を把握することの難しさについて。
 ・11月の「第2回“学び合い”わいわいセッション」に向けて前回の改善点等をあげ準備を進める。

午後から、昼食会、ホームページ書き込み研修会開催

7月6日

城陽市国際交流協会が創立20周年を迎える

 記念式典にRings事務局長が出席

6月16日

第8期 総会(第39回(2013年度 第1回)定例会)開催

 14団体19名、個人会員8名が出席

 ・2012年度の活動報告/会計報告/2013年度事業計画(案)/2013年度予算(案)/規約一部改正/役員改選/ほか
 ・「こどものための日本語支援」

   児童・生徒の言語習得について国際センター等へ問い合わせが

   増えてきた現状を受け、RINGS として対応できるか検討

※活動写真(1枚) ↓

5月11日~7月27日

南丹市で日本語支援ボランティア養成講座 開講

 主催:京都府国際センター

 共催:南丹市国際交流協会・亀岡市国際交流協会・京丹波町国際交流協会
 RINGS内に作られた南丹市プロジェクトチームが

 全10回講座のカリキュラムを作成、講師を派遣して、

 約40人の受講者と共に連続講座を展開した
 (二年前の城陽市での10回連続講座で協働した経験が活かされた)。
 この地域での今後のボランティア活動に期待

5月11日

RINGS主催の研修会「“学びあい”わいわいセッション」の第二弾

 (同年2月の続編)実施に向けて、「屋台村」推進メンバーの募集を開始

5月10日

 「やさしい日本語」有志の会

 前年の暮れに実施した「(京都府下の)外国籍住民 防災意識アンケート」の集計結果を発表

3月10日

第38回(2012年度第4回)定例会 開催
 出席22名(12団体15名・個人会員7名)
 ・2月3日に実施した「みんなで学びあいわいわいセッション」を今後も継続するかどうか議論

 ・北部・中部地区の教室ネットワーク会議の状況
 ・外国人向け防災アンケート回収状況

 ・規約改正(役員の「仕事」)

 ・ML(メーリングスト)の利用について

 ・ Ringsの標語について

 ・次の10年に向けて活動の理念、方針、展望は? 他

3月5日

外国人住民のための 京都にほんご教室マップ」およびその案内ポスター完成。

 (作成:国際センター、協力:Rings)

※マップ掲示風景(1枚) ↓

3月2日

日本語支援スキルアップ研修会(城陽市)のグループワーク講座(情報交換会)にRings会員が進行役として参加

2月3日

 Rings発足10周年記念研修会「“学びあい”わいわいセッション」開催。

※研修会詳細はこちら →

ph