日 時 あ ゆ み
 
12月13日 亀岡でスキルアップ講座
「支援から出る悩み~解決方法を求める」
12月6日 第49回(2015年度 第3回)定例会 開催
 出席30名 (16団体・23名、個人会員6名、 国際センター1名)
 ・各チームから進捗状況など報告(研修チーム、子どもSG)
 ・今後の講座案内
 ・各教室の基本データ共有について
 ・佐藤さんの件
 ・遠隔地の会員のためのテレビ会議システム導入について
 ・「わいわいセッション」で学んだことが各団体で活かされているか
 ほか
11月14日 子どもSG ミーティング(15回目)
 ホームページに問い合わせコーナーを設置、
 新たなメーリングリスト (ML) を作成などについて意見交換
10月25日

子どもSG・国際センター共催

「教科学習支援教室ひまわり(亀岡市)の活動から学ぶ」研修会を開催。
 スピーカー:児島きよみさん(「かめおか・ひまわり教室」代表)、

       山根慶子さん(小学校教員・特別支援クラス担当)

10月4日

第48回(2015年度 第2回)定例会 開催

 出席30名 (16団体・23名、個人会員5名、 国際センター2名)
 ・佐藤久子さんを悼み黙祷
 ・こどもSG状況報告/各教室の「子ども」対応状況、対応についての意見交換
 ・研修チームから今後の養成講座について
 ・各教室の基礎データ更新について
 ・各教室からの〝お悩み相談〟(ブログへの写真掲載、ボランティアの募集の仕方)
 ・佐藤さんを名誉会員推薦、「佐藤さんから学んだこと」を出し合って

  その価値を共有し、次の世代に伝える。
 ・京都日本語教室マップ改訂
 ・オブザーバーとして国際センターの三田常務理事が出席。

  「多文化共生に日夜ご尽力いただいている皆様の地道な地域活動に日が

  当たるように、〝多文化共生の1丁目1番地は日本語教室〟の信念のもと、

  共生施策が地域創生の柱の一つとして地域に定着するとともに

  外国籍府民の皆さんにも「来てよかった・住んでよかった」と

  思っていただけるよう予算と人員も確保できるよう頑張っていきますので、

  引き続き当センターへのご協力をお願いいたします」。

 懇親昼食会:参加者15名

9月19日

子どもSG ミーティング(14回目)
 サポート事例をどのようにホームページに載せるか検討

8月29日

子どもSG ミーティング(13回目)
 新設予定のホームページにどういうコンテンツを盛り込むかを討議

8月1日

佐藤久子さん永眠

 日本語教室の立ち上げや国際センター日本語支援事業の土台づくりに貢献された

7月11日

子どもSG ミーティング(12回目)
 Ringsのホームページとリンクする新たな情報のプラットホーム策定へ

6月21日

第47回(2015年度 第1回)定例会
 開催出席27名 (15団体・21名、個人会員5名、 国際センター1名)
 ・京丹波町国際交流協会が新規加入
 ・「第5回〝学びあい〟わいわいセッション」報告

 (参加者に実施したアンケート集計結果から見えてくる満足度や今後の要望について)

 ・「子どもどもSG(サポートグループ)」報告

 ・「研修講座開催派遣チーム」報告

 ・「『やさしい日本語』有志の会」経過報告
 ・「漢字学習支援者養成・出前講座」実施について
 ・会員からの〝お悩み相談〟ほか
 懇親昼食会:参加者11名

5月30日

子どもSG ミーティング(11回目)
 宇治・朋友館で行なったインタビュー取材の内容について再考

5月17日

役員会(2015年度第1回)開催

5月17日

第5回「〝学びあい〟わいわいセッション」開催
 (発表団体:亀岡日本語教室/京都国際文化協会/京丹波町国際交流協会)

 参加者55名、茶話会出席者42名

4月11日

子どもSG ミーティング(10回目)
 綾部、夢気球、朋友館、京丹後の四教室へインタビューした内容を報告しあい、

 進学についての対応で共通点を見出すなど出席者8人で話しあった。

3月15日

第10期総会(第46回(2014年度 第4回)定例会)開催

 出席22名(13団体・17名、個人会員4名、 国際センター1名)
 会員総数13団体出席・委任状3団体、個人会員4名出席・委任状4名新規会員紹介
 ・2014年度報告(事業、会計、監査)
 ・2015年度活動計画
 ・「やさしい日本語有志の会活動報告
 ・こどもSG活動報告
 ・2015年度予算:「広報活動費」と「こどもSG活動費」を新たに計上
 ・役員改選
 ・規約改正懇親昼食会:17名

3月1日

子どもサポートグループ(SG) ミーティング(9回目)

 昨年アンケートに回答してくれた教室へ行なうインタビューの日程と

 方法について話し合う。

2月27日

佐藤さん退会。

 長年、「日本語の教え方講座」など各教室へ出張授業に出向き、

 日本語を教える楽しさを分かりやすく伝えてくれた

2月22日

日本語支援ボランティア研修会

 (亀岡市、南丹市、京丹波町合同)
 Ringsから講師派遣協力

2月8日

役員会 開催

2月1日~

10日

次年度の役員について、立候補・推薦をメーリングリストで受け付け。

 立候補も推薦なし

2月1日

子どもサポートグループ(SG) ミーティング(8回目)

1月31日

ちらし作成講座 開催

 各教室の広報媒体を持ち寄り、効果的な広報の方法について学ぶ。

 ・・「案内チラシを作る前の心構えを学んだ」。

↑ 2015年   2014年 ↓
12月14日

第45回(2014年度 第3回)定例会 開催
 出席26名(個人会員5人、12団体・18人/国際センター1人)

 ・翌年1月以降に開催予定の講座やイベントについて。
 ・来年(2015年)から総会の開催時期を従来の6月から3月に変更。
 ・子どもSGが前回の定例会に実施したアンケート調査の結果を発表。
 ・第4回“学びあい”わいわいセッション(11月9日)のアンケート調査の結果発表。
 ・来年やってみたいことについて意見交換。
 ・元会員の許之威さんがRingsの各教室を調査したレポートが収められた研究論文を回覧。
 ・綾部国際交流協会が次年度に退会。
 ・その他

 懇親昼食会:12名

 11月30日 子どもサポートグループ ミーティング(7回目)
11月19日 役員会 開催
11月9日 第4回「“学びあい”わいわいセッション」開催
 (発表団体:京都市国際交流協会、朋友館、京都「えき」、南丹市国際交流協会)
9月21日

第44回(2014年度 第2回)定例会 開催
 出席30名(個人会員5人、14団体・25人/国際センター1 人)

 ・6月~9月までの経過報告
 ・子どもサポートグループ(子どもSG)から現状把握のためのアンケート協力依頼

 ・規約改正

  (会員を従来の正会員、個人会員、賛助会員に、特別会員を追加)
 ・10月以降の予定について
 ・関連の現状報告
 ・その他
 懇親昼食会:開催せず

9月13日

「国際協力ステーション」(主催JICA/京都府国際センター)に参加

 京都駅ビルのインフォメーション前広場でブースを設営し、

 Ringsの活動を一般の通行人に紹介。

 ・・「向こうから立ち寄ってくれる人はいなかったが、

    こちらから声をかけたら、いろんな人とコミュニケーションできた」

 ※活動風景写真(2枚) ↓

9月7日 

子どもサポートグループ ミーティング(6回目)

 ・Ringsの会員(各教室および各教室の支援者、個人会員)向けに

  実施するアンケート調査用紙を作成。

8月31日

子どもサポートグループ(SG) ミーティング(5回目)

 ・この会の方向性を改めて考える。

 ・「にほんご教室などで子どもに関する問題に出会ったときに、

   関係のある人や団体や公共機関につながる情報を集め、

   利用できるようにする」等。

7月19日~

10月4日

日本語支援ボランティア養成講座(城陽市)
Ringsから講師派遣協力(全10回のうち4回講義担当)

※活動写真(1枚) ↓ 

7月6日

役員会 開催

7月6日

大型で強い台風8号が日本列島に接近し、気象庁は大雨特別警報を発表。

「やさしい日本語」有志の会が防災ガイドブックと『大雨災害発生時に外国人居住者に避難情報を伝えるためのクイックレファレンス』のサイトを提示し各教室担当者に学習者への注意喚起を呼びかけた。

6月22日

子どもサポートグループ第4回ミーティング

 Rings全会員に実施するアンケートの準備

6月8日

子どもサポートグループ 第3回ミーティング

6月8日

第9期 総会(第43回(2014年度 第1回)定例会)開催

 団体会員 14(25 人)、個人会員 5 人、府国際センター2 人が出席

 ・2013年度の収支報告/2014年度予算(案)/規約改正
 ・活動報告・・・「やさしい日本語有志の会」、ほか
 ・「第3回“学びあい”わいわいセッション」の成果、アンケート結果を報告
 ・協議事項

  「国際協力ステーション」(JICA・京都府国際センター共催)への出展、チラシ作り講座の案内、新規加入団体をホームページに掲載、

「こどもサポートチーム」(仮称)をRings 内のプロジェクトとして承認。ほか
懇親昼食会;15名

5月18日

子どもサポートグループ 第2回ミーティング

5月18日

第3回「“学びあい”わいわいセッション」開催
 (発表団体:京丹後市国際交流協会/伏見青少年活動センター/せいかグローバルネット)

※活動写真(1枚) ↓ 

5月10日~

7月19日

日本語学習支援ボランティア養成講座(亀岡市)
Ringsから講師派遣協力
全10回(別途4月26日にオリエンテーション)

4月26日

役員会 開催

4月19日

「子どもサポートグループ(SG)」の有志のメンバーが初会合

第1回ミーティング開催。

 これまで見聞きした様々な現状と課題を列挙し、この会の目的を考える。

3月16日

第42回(2013年度 第4回)定例会 開催

 正会員15団体(24名)、個人会員8名、計33名が出席

 ・この3ヶ月間の経過報告、今後の予定(第3回「わいわいセッション」ほか)

 ・提案事項

   府内で日本語教室のない地域での教室出前講座実施、

   教室活動紹介のDVD作成

   他府県ネットワークとの交流

   外国につながる子ども・保護者のサポートに ついてプロジェクトチーム発足

   Rings発起人の新見さんを名誉会員に推薦ほか
 定例会終了後昼食会

3月2日

城陽市国際交流協会が日本語教室の運営についての研修会を開催

 ・Rings会員の夢気球(城陽市)をはじめ

  テマン(八幡市)、スピークサロン(宇治市)、

  亀岡、南丹京丹波、木津川の教室担当者が参加し、

  現状と改善に向けて討論

2月1日

9日

16日

「外国につながる子ども・保護者サポーター研修」開催

 京都府国際センターと共催

 子どもと保護者の現状、日本語指導、地域での取り組み事例を紹介。

1月28日

NHKテレビ「かんさい熱視線」で、理不尽な状況におかれるJFC(ジャパニーズ・フィリピーノ・チルドレン)の実態が放送される。

個人会員の伊藤さんがこの問題を会員に関心をもってもらおうとMLで情報発信。

1月26日

災害時多言語支援センター設置訓練を実施

 城陽市国際交流協会が京都府国際センター

 大阪や神戸、滋賀のボランティアや

 職員の他やさしい日本語有志の会か参加し、

 巡回班の編成や翻訳、掲示物の作成、Web掲載など、

 災害発生時に行動すべきことを試行

1月25日

役員会 開催

1月12日

「第2回“学びあい”わいわいセッション」

 (11月10日)でやりとりした内容を資料にまとめて配布

1月9日

北中部連絡会議 開催

↑ 2014年

dm